最新お料理未分類たびプロフィールバンド
スポンサーサイト --.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 



<アル中の飲み物?: HOME : 新たな季語>













宗村ほくとにだけ表示。


trackbackURL
http://nazohokuto.blog58.fc2.com/tb.php/98-614ec277

本の虫に虫の本 2006.11.21.Tue
最近、つけめんばかり食べています。週にだいたい4~5食で、これを年間に計算すると約300ほど・・・これはヤバイ。
読む本も見るサイトも、ラーメン系のものばかり。これは困った。
体にも良くないし、身につく知識といえば「どこどこのつけめんはウマイ、スープはなんとか系、麺の量はデフォで~g」といった程度。なんとなく自分の体に健康面でうしろめたいものを感じていました。

そこで「つけめんを1杯食べるごとに1冊本を読む」というルールを決めました。賢くなるし、一石二鳥です。これで心置きなくつけめんが食べれます。

そして最近借りた本。


「月刊むし」

タイトルから分かるとおり、虫の本です。こんな本があったのか。
出版は(有)むし社。

まずこの雑誌、僅か64ページにして定価1200円。なんて事だ。
図書館で貸し出しされてなければ、おそらく一生手にすることは無いと思います。

でもただとなれば話は別で、こういった、「その道の本」というのは見出しだけで十分楽しめるのでぱらぱらめくるだけでも十分いい。適当にめくると、こんな文字が飛び込んできました。
「生き虫と用品を全国発送!!」
どうやらむし世界では、生きている虫を「生き虫」と区別するようです。なんて事だ。
そしてこのむし社、所在地はなんとウチの近所徒歩5分圏内。

なんて事だ。
でもわざわざ行かなくていいと思う。それは月刊むしが好きなのであって、むしが特別好きだからではないからでした。
スポンサーサイト






<アル中の飲み物?: HOME : 新たな季語>













宗村ほくとにだけ表示。


trackbackURL
http://nazohokuto.blog58.fc2.com/tb.php/98-614ec277

Pagetop▲
   HOME   

ブロとも化
Template*skin to farrow
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。